https://www.atsueigo.shop/

スピーキング 英文法

【英文法×スピーキング】英語を話す時に文法は気にするべきか?

更新日:

こんにちは、Atsuです。

今回は、実際に英語のスピーキング練習をしているというフォロワーの方からいただいた以下の質問に答えていこうと思います。

「英語を話す時に、文法はどの程度意識していますか?」

スピーキングを練習している人、文法を勉強して基礎を固めている人はぜひ参考にしてみてください!

 

【質問】「英語を話している時に、文法は意識しているか?」

早速私の答えですが、「英語を話す時に文法はそこまで意識していない」というのが答えです。なので、文法に関しては「ほぼ無意識」ということになります。

ただし、これは「間違った文法でも気にせず話し続ける」ことではありません。あくまで「正しい語順で」英語をほぼ無意識的に操っている、ということですのでご注意を。

 

無意識に英文法を操れるようになる方法

ただ、無意識というのは何か特別な能力というわけではなくて、「練習すれば誰でも身についていく力」です。

私が英語の勉強で一番オススメしている「独り言」を普段から行っていれば、誰でもできるようになります。もちろん学習を始めたての頃は「Sが三人称単数だから動詞にはsをつけて...」みたいにものすごく文法事項を意識して練習していました。

この、

「意識的」→「無意識」というフェーズの移行を「反復作業」によって達成する

と言う一連の流れはあらゆることに言えるんではないでしょうか

例えば私は学生時代ずっとサッカーをやっていましたが、サッカーをやり始めの頃はパスを出すたびに「あそこにボールを出そう。蹴る角度はこのくらいで...」のように動作1つ1つに対して頭で整理して、かなり意識的に運動していました。

ただし、1ヶ月、2ヶ月と同じ動作を繰り返していくうちに「無意識的に」パスやシュートができるようになってきます。

バスケや野球、はたまたピアノや絵画などの芸術の世界でも同じことが言えるはずです。英語もそれと全く同じですね。

なので、皆さんも初めからいきなり無意識化で扱える状態を目指すのではなく、一文一文正しい文章を丁寧に作っていって、その結果無意識的に扱っていけるようになった、という状態を目指していきましょう。

 

ただ、たまに文法事項について意識することがある〜主語が長い時

しかし、今でも少し複雑な文章を操る時にたまに文法事項に対して意識的になることはあります。

例えば、「主語が長い時」です。

主語が非常に長くなると、そのあとの動詞を続ける際に「あれ、『is』でいいんだっけ、『are』だっけ」と考えるような一瞬の"間"が生まれます。

「My understanding about previous chapters(私が以前のチャプターで理解したことっていうのはさ...)」

のような時に、後ろに続くbe同士はもちろん「is」なのですが(主語が「My understanding」だから)、主語までの距離が長いと「えっと主語は...」と一瞬考えます。

ただ、これもやはり慣れの問題なので、なのでやればやるほど主語が頭の中に強く残るようになって、やがて上述した"間"も無くなっていく、無くなってきた、というのが私の感覚です。

 

おわり

英語を話す時の英文法の意識の程度についてのお話でした!

無意識的に英語が操れるようにあるとその分会話の中身に意識を集中することができるようになって、よりナチュラルに自分の言いたいことや相手に言いたいことに集中知りことができるようになってきます。

試験等の問題でも同じで、ライティングやスピーキングで文法レベルのミスをしないレベルになれば非常に楽に点数が取れるようになりますよ!

具体的な知識を感覚レベルに落とし込むのに必要不可欠な「独り言」の具体的なやり方や「英文法を完璧にする勉強法」について以下の記事で徹底解説していますので、興味のある人はぜひ読んでみてください!

IELTS8.5の純ジャパが英語のスピーキングを「独り言」で伸ばす練習法公開

こんにちは!Atsuです。 今回は、英語のスピーキングを独学で上達させるために最も効果があったと確信している「独り言」の ...

続きを見る

【英文法勉強法】2か月で文法を「完全」に「身につける」学習3つのステップを公開!!

こんにちは!ATSUです。 今回は2か月で英文法を全て覚えるためのとっておきの3つのステップについてお伝えしようと思いま ...

続きを見る

 

VOCABULARIST

-スピーキング, 英文法

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.