スピーキング 英文法

英語構文の勉強法を徹底解説!そもそも構文とは何か

投稿日:

こんにちは、Atsuです!今回は英語の構文の勉強法についてお話ししていきます。

巷の英語勉強関連の参考書コーナーに溢れる「英語構文」の参考書に圧倒され、「なんかよく分からないけど大事そうだから買ってみよう」としたりしてませんか?

「そもそも構文ってなんなのか」「どうやって暗記するのか」というポイントを意識していなければ、残念ながら勉強の効果は大きく半減してしまいます。

でも、いざ「構文とは?」と聞かれても、答えに詰まってしまう方、結構いるかと思います。

今回はそんな構文の謎や、「構文の勉強・暗記法」について徹底解説していきます!

 

【定義】構文ってそもそも何?

構文というのは、私の考えでは

文法書にあるよく使う文構造をまとめたもの

です。

究極的に言えば文法書だけでもこういった構文集の中に入ってる内容はカバーできると思います。一方で、網羅的な文法書を一冊完成させることなく構文集のみをやろうとする場合には、構文集は全ての文法事項を扱うことを目的としていないために知識の取りこぼしが発生するためあまりオススメしません。

 

じゃあ構文を暗記することのメリットって?

構文集というのは上記のようによく使う構文をまとめているので、改めてこういうのでサクッと覚えると、

実際に英語を使うという際に知識を引き出しやすくなるという感覚

が身につきます。ここで言う知識を使うと言うのはスピーキングだけでなく、ライティングやリーディングのような時もあてはまります。

 

【覚え方】構文の勉強方法はこれ!

では、構文の暗記方法についてお話ししていきます。

構文の勉強法、それは

自分で文を作って、それをなんどもつぶやき頭に刷り込む

と言う方法です!

 

【実践編】構文暗記してみた〜 「Whatever S V 」を例に

「Whatever S V(SがVするものはなんでも)」を例にして、実際に構文暗記をどうやって行うのか解説していきます!

【やってはいけない例】英語と日本語訳をセットで暗記する

正しい覚え方の前にまずは、結構多くの人がやってしまいがちな危ない覚え方についてお話しします。それは、

「見出しの英語と日本語訳をセットで覚えようとする」という方法です。

(心の声)

Whatever S Vは、「SがVするものはなんでも」。
Whatever S Vは、「SがVするものはなんでも」。。。。

と覚えるのはちょっと辛いですよね。

しかも、こういった覚え方を今後大量にしていくと、

「あれ?Whateverの後ってSが先だっけ?Vだっけ????」

と混乱してしまいがちになります。

【正しい英語構文暗記法】簡単な文を作り、それを頭に刷り込む

では正しい勉強の仕方ですが、

Whatever S Vで「簡単な文を作ってみて」、それを覚える感覚

こういった覚え方をすると、今後知識を使うと言う場面になった際に非常に楽になってきます。

この段階で作る文章というのは、本当に簡単なもので構いません。今回は「主語→you」を「動詞→do」と当てはめてみましょう。

Whatever you do will be fun.(あなたがすることはなんでも楽しくなるでしょう。)

Whatever you do will be fun. Whatever you do will be fun. Whatever you do will be fun....

とブツブツ呟きます。どんどん何回も言っていきます。

この時のポイントは、日本語でその言葉を言った時と同じような気持ちにできる限り近づけることです。この作業を何度もやっています。

Whatever you do will be interesting.(あなたがすることはなんでも面白くなるはずだ。)

慣れて来るとdoの部分を変えたりして、

Whatever you study will expand your world.(あなたが勉強することはなんでもあなたの世界を広げる)

というように、ぶつぶつ言っていきます。

 

文を作る勉強法では、構文の並びが「自然と分かる」状態に

今回紹介した勉強法で構文を暗記すると、文の並びが自然とわかるようになります。

さっきの例でいうと、whatever の後は「you do」って何回も呟いているので、S とVがこの通りの順で来ることが自然にわかります。

ちょっっとややこしい言い方になりますが、

「whatever SV」と覚えたから「whatever SV」の語順が正しいとわかる状況ではなく、

「whatever you do」と何回も言ったことによって、「whatever SV」の語順が正しいとわかる

ということなんです。

一見回りくどいなと思いましたか?一回やってみるとわかると思いますが、こっちの方が圧倒的に記憶の持ちがいいですし、いざ知識を使う時の「引き出しのスピード」が段違い早いです。

「Sの部分に主語だからyou入れて、Vのところに動詞だからdo入れて」と翻訳する時間と労力が丸々カットされます。一文一文の積み重ねが英文になりますから、この労力の差は積み重なると圧倒的な英語力の差につながります。

 

構文暗記は熟語暗記と似てる!

私の他の記事を読んでくれた方はわかるかと思いますが、この勉強法って「熟語暗記」の方法と非常に似ているんです。

熟語暗記時は、「provide 人 with 物(人に物を与える)」という表現を例にとりましたが、こう言った表現を覚えるときも簡単な単語を当てはめるという話をしました。

provide you with something(あなたに何かを与える)

と何回も呟いたからこそ、provideの後には「人や物が与えられる対象」が来て、withの後に「与える物」が来ることが自然にわかる状態を目指すべき、ということですね。

【英熟語完全暗記】イディオムの覚え方〜似てる英語表現もうこれで絶対に迷わない

こんにちは、Atsuです。 今回は、私たち英語学習者を困らせる悩みの種となっているが避けては通れない「英熟語(イディオム ...

続きを見る

 

まとめ

以上が、英語構文の定義と、構文暗記の方法についてでした!

構文集には英文の構造がズラッと並んでいて一見大変そうだなと思いますが、英文法の基礎が固まって入ればほとんどの知識は既存のものであるはずなので、サクサクと進められると思いますよ!私は大学受験の時に構文集で勉強しましたが、2週間くらいで楽しく学習でききました。

また、私が実施に使用した構文集である「キクブン270」がこちらになりますので、よかったらテキスト探しの参考にしてみてください:)

-スピーキング, 英文法

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.