英単語

【英単語暗記法】PCを使った英単語ノートの作り方

投稿日:

こんにちは、Atsuです。

今回は、パソコンを使ったオリジナル英単語暗記のノート作りについてお話ししていきたいと思います。

英語資格試験の対策では「英単語帳」と、「模試の中で出会った知らなかった単語」の暗記で語彙対策は完璧です。オリジナル英単語のノート作りは「模試の中で出会った知らなかった単語」の暗記に必須です。

私の場合英語を勉強する際に紙ベースのものとパソコンベースのもので使い分けているのですが、が、今回はパソコンを使ったノート作りのメリットや作りの方法をお話ししていきます!

 

【紙vsPC】英単語ノートのメリット比較

 別の記事で紹介した通り、私は基本的にはノート作りは基本的に紙で行うことが多いです。

私のオリジナル単語ノート本邦初公開!英単語のまとめ方

こんにちは!Atsuです。 今回は、「オリジナル単語ノート」についてのお話です。 私は模試を解く際や、普段の会話の中など ...

続きを見る

紙を使用してノート作りをする事のメリットとして、「自由度の高さ」があります。英単語の印象を強くするために絵を書いたり、矢印、文字情報などを好きな箇所に思うままに書き込めます。

一方で、パソコンを使ってノート作りを行うメリットもあります。私が特にメリットだと感じていたのは以下の2つです。

・コピペの手軽さ

・モビリティーの高さ

コピペの手軽さ

パソコンを使ってノート作りを行う大きなメリットのうちのひとつが「簡単にコピペ」できるという点です。知らなかった単語や例文をコピペして時間を短縮できるのに加え、画像検索で見つけた画像を貼り付けることも一瞬でできます。後述しますが、英単語暗記において画像の存在というのはその英単語の意味を感覚的に理解するのに非常に効果的です。

モビリティーの高さ

モビリチィーの高さも魅力的です。パソコンで作ったノートをクラウド上にあげておけば出先のパソコンや移動中のケータイなど、様々なデバイスから場所を問わずに勉強することができます。

 

TOEFLの勉強で実際に作ったノートを公開

実際に私がTOEFLの勉強で作ったノートをお見せすしますので、PCベースでノート作りの参考にしてください。TOEFLを勉強した際に使用していた教材が基本的にインターネットベースのものだったので、word等に知らない知識をまとめるのが効率的だと考え、PCでノートづくりを行なっていました、

基本的に、ノートにまとめる内容は別の記事でお伝えした内容と一緒で、

①「英単語」
②「意味」
③「例文」

の3つの情報をまとめていきます。意味は日本語で描くときもあれば、英語で描く場合もあり、ケースバイケースです。

「模試等の中で知らない単語をまとめる」と言いましたが、「再確認したいだけの単語」もノートにまとめるよう、私は意識していました。

例えば「duplicates:複製する」という単語を私は知ってはいたのですが、同じような意味だったら私は「copy」の方ばかり使ってしまうと感じたので、このように「duplicates=copies」とまとめています。

「知ってはいたけど、普段から使い慣れていないから再度確認していきたい」という理由でも、どんどんノートにして結構です。「duplicate」の例のように、確認目的の場合は例文等書かずにただ意味だけを記入することも多いです。

先ほど、パソコンでノート作りを行うメリットの1つとして「画像を簡単に貼れる」というのを挙げました。

例えば「the stool with the bycycle-wheel mounted on top」という英語表現が模試を解く際に出てきました。これは芸術作品を意味しているんですが、形状を文字情報で表した定義を読むよりも画像を見た方が「なるほどな」、と一瞬で、英単語の意味を理解できます。

 

これは「that's kind of turning things on the head」という表現です。頭がくるくる回っている様子が一瞬で理解できます。

また、音記号もコピペできるのは「音を使って英単語を覚える」私にとっては嬉しです。

余談ですがこのときTOEFL受験した際は2〜3週間の準備期間を設けたのですが、合計28ページくらいのノートを作成しましたので参考までに。

他にも意味や画像を見てもいまいちよい分からないものに関してはウィキペディアで調べて説明を貼って見たりだとか、コピペを活かすことによる効率化は侮れません。

また、「simmering」「shimmreing」をまとめてありますが」、これはリスニングの問題で気になったのでまとめています。どちらも意味は知っていたのですが、聞き間違えをしてしまったので「発音と意味を再確認」という目的でまとめました。

ここまで実際に私が作成したノート見ていただきましたが、次は私がどのように知らない知識をノートに起こしていくのか、そのプロセスを見ていただきます!

 

【実践編】パソコンを使って英単語の勉強してみた

英単語ノートの作り方について紹介しましたが、最後に私が実際に英単語をパソコンにまとめ勉強する様子をお見せ致します。

今回はReview journalの「National report on counties shows economy hasn’t recovered」という記事を使って勉強しているという過程の元話を進めていきます。(当該記事はこちらから

まずは普段通り一文目から読み始めます。わからない単語、英語表現にぶつかるまで読み進めていきます。

1つ目のパッセージの中で、最後の行の「peddling」という表現にひっかりました。私はこの単語の意味を知らなかったので、早速ネットで調べます。

すると

to sell something usually in small amounts and often by traveling to different places

と定義が出てきます。(日本語での定義も見て見ましたが、ちょっとぴんとこなかったので今回は英語の意味を採用しています)そしてこれをコピーしてノートに貼り付けます。

基本的にはこれで終了なんですが、今回は定義をなんとなく理解はできたんですがいまいちピンとこないと感じたので、グーグル画像検索も使って調べて見ます。すると

こんな風に「荷車でものを販売する人たちの画像」が大量に出てきます。なるほどー。見た瞬間に一瞬で「pddling」がイメージできました。この中から自分が分かりやすいと感じるものを選び、ノートに貼り付けます。最後にサイズ感を整えれば終了です。すごくシンプルですよね?

また、例えば動詞形を書いて覚えたいと思ったらこのように近くに書いて、情報を紐づけて覚えられるようにするのがポイントです。

 

日本では出会わないがネイティブが当たり前によく使うオリジナル英単語帳作りました

今回はTOEFL受験した時の試験対策じのノートを例に、単語ノートの作り方をお話ししました。

実は英語の資格試験対策以外の場面でもこのノート作りは積極的に行っています。主に「ネイティブとの会話の中で出会った英語表現」についてです。というのも、大学院留学、そしてそのままオーストラリアのBIG4に入社して気づいたのが

「日本の参考書ではなかなか出会わないが、ネイティブが当たり前に使う英語表現がたくさんある」

ということでした。

そういった表現に出会うたびに仕事中だろうとササッとWordを開いて今回紹介したやり方でノートづくりに励んで来ましたが、そういった表現が今では3,000を超えるまでになりました。

その中から何人ものネイティブの監修のもと選択に選択を重ねて400語の英単語をピックし、今回「Distinction」という単語帳で出版しました。私が仕事の中で実際に何度も出会った、ものすごく使い勝手のいい表現ばかりです。

「単語帳作成の際にこだわった6つのポイント」や「監修に携わったネイティブのバックグラウンド」、「購入者からの声」についてはこちらの記事にまとめていますので、興味のある方は是非読んで見てください!販売サイトはこちらから

【Distinction】学習者目線にとことん立った理想の単語帳作りました!

【ついに】英語学習を始めて10年、私だから作れた国内学習者にとって理想的な単語帳が完成しました!!!! 高校2年生の時に ...

続きを見る

【重大報告】大好評につきまして「Distinction」の再販売が決定しました!!!

【感謝】オリジナル単語帳"Distinction"再販します!!!!!! 元々は期間限定販売という予定で制作・販売したA ...

続きを見る

 

おわり

以上、パソコンを使った英単語のノートの作り方とそのメリットについてでした!

英単語帳を使った英単語増強と並行して、今回紹介したやり方で都度分からなかった英単語を蓄積していくと、効果的に英単語力を伸ばしていくことができます。紙とパソコンベースでのそれぞれのメリットを見極めた上で、自分にあったやり方で単語学習頑張頑張っていきましょう!

 

-英単語

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.