https://www.atsueigo.shop/

Basics 海外留学・就職

【永久保存版】英語で数字の読み方・書き方・単位を一気に覚えよう|音声付き

更新日:

こんにちはAtsuです!

今回は英語で数字の読み方・書き方・単位をマスターしたい方のために、
基数(1,2,3...)、序数 (1st, 2nd...)、発音、小数 (0.5 etc)、分数 (1/3 etc) など、数字に関わる表現を「網羅的に」まとめました。

数字にまつわる英語は普段の生活でとてもよく使うにも関わらず、意外としっかり学ぶことは少ないのではないでしょうか。

本記事では基礎から発展まで、全ての方が参考になるように書きました。
これを機に英語の数字表現・感覚を一気にマスターしましょう!

それではまいります。

英語の数

英語の数一覧表 1-99

 

書き方 [発音] 書き方 書き方
1 one
ワン
/wʌn/
34 thirty-four
サーディフォー
/θɚːdiˈfˈɔɚ/
67 sixty-seven
シクスディセヴン

/sɪksdiˈsɛv(ə)n/
2 two
トゥ
/tuː/
35 thirty-five
サーディファイヴ
/θɚːdiˈfʌɪv/
68 sixty-eight
シクスディエイト
sɪksdiˈeɪt/
3 three
スリー
/θriː/
36 thirty-six
サーディシクス
/θɚːdiˈsɪks/
69 sixty-nine
シクスディナイン
/sɪksdiˈnʌɪn/
4 four
フォー
/fˈɔɚ/
37 thirty-seven
サーディセヴン
/θɚːdiˈsɛv(ə)n/
70 seventy
セヴンディ
/ˈsɛv(ə)n(d)i/
5 five
ファイヴ
/fʌɪv/
38 thirty-eight
サーディエイト
/θɚːdiˈeɪt/
71 seventy-one
セヴンディワン
/sɛv(ə)n(d)iˈwʌn/
6 six
シクス
/sɪks/
39 thirty-nine
サーディナイン
/θɚːdiˈnʌɪn/
72 seventy-two
セヴンディトゥー
/sɛv(ə)n(d)iˈtuː/
7 seven
セヴン
/sɛv(ə)n/
40 forty
フォーディ
/ˈfɔɚdi/
73 seventy-three
セヴンディスリー
/sɛv(ə)n(d)iˈθriː/
8 eight
エイト
/eɪt/
41 forty-one
フォーディワン
/fɔɚdiˈwʌn/
74 seventy-four
セヴンディフォー
/sɛv(ə)n(d)iˈfˈɔɚ/
9 nine
ナイン
/nʌɪn/
42 forty-two
フォーディトゥー
/fɔɚdiˈtuː/
75 seventy-five
セヴンディファイヴ
/sɛv(ə)n(d)iˈfʌɪv/
10 ten
テン
/tɛn/
43 forty-three
フォーディスリー
/fɔɚdiˈθriː/
76 seventy-six
セヴンディシクス
/sɛv(ə)n(d)iˈsɪks/
11 eleven
イレヴン
/əˈlɛv(ə)n/
44 forty-four
フォーディフォー
/fɔɚdiˈfɔɚ/
77 seventy-seven
セヴンディセヴン
/sɛv(ə)n(d)iˈsɛv(ə)n/
12 twelve
トゥエルヴ
/twɛlv/
45 forty-five
フォーディファイヴ
/fɔɚdiˈfʌɪv/
78 seventy-eight
セヴンディエイト
/sɛv(ə)n(d)iˈeɪt/
13 thirteen
サーティーン
/θ`ɚːˈtiːn/
46 forty-six
フォーディシクス
/fɔɚdiˈsɪks/
79 seventy-nine
セヴンディナイン
/sɛv(ə)n(d)iˈnʌɪn/
14 fourteen
フォーティーン
/f`ɔɚˈtiːn/
47 forty-seven
フォーディセヴン
/fɔɚdiˈsɛv(ə)n/
80 eighty
エイディ
/ˈeɪdi/
15 fifteen
フィフティーン
/fɪfˈtiːn/
48 forty-eight
フォーディエイト
/fɔɚdiˈeɪt/
81 eighty-one
エイディワン
/eɪdiˈwʌn/
16 sixteen
シクスティーン
sɪksˈtiːn
49 forty-nine
フォーディナイン
/fˈɔɚdiˈnʌɪn/
82 eighty-two
エイディトゥー
/eɪdiˈtuː/
17 seventeen
セヴンティーン
/sɛvnˈtiːn/
50 fifty
フィフディ
/fifdi/
83 eighty-three
エイディスリー
/eɪdiˈθriː/
18 eighteen
エイティーン
/eɪˈtiːn/
51 fifty-one
フィフディワン
/fifdiˈwʌn/
84 eighty-four
エイディフォー
/eɪdiˈfˈɔɚ/
19 nineteen
ナインティーン
/nʌɪnˈtiːn/
52 fifty-two
フィフディトゥー
/fifdiˈtuː/
85 eighty-five
エイディファイヴ
/eɪdiˈfʌɪv/
20 twenty
トゥエンディ
/ˈtwɛn(d)i/
53 fifty-three
フィフディスリー
/fifdiˈθriː/
86 eighty-six
エイディシクス
/eɪdiˈsɪks/
21 twenty-one
トゥエンディワン
/twɛn(d)iˈwʌn/
54 fifty-four
フィフディフォー
/fifdiˈfˈɔɚ/
87 eighty-seven
エイディセヴン
/eɪdiˈsɛv(ə)n/
22 twenty-two
トゥエンディトゥ
/twɛn(d)iˈtuː/
55 fifty-five
フィフディ
/fifdiˈfʌɪv/
88 eighty-eight
エイディエイト
/eɪdiˈeɪt/
23 twenty-three
トゥエンディスリー
/twɛn(d)iˈθriː/
56 fifty-six
フィフディシクス
/fifdiˈsɪks/
89 eighty-nine
エイディナイン
/eɪdiˈnʌɪn/
24 twenty-four
トゥエンディフォー
/twɛn(d)iˈfˈɔɚ/
57 fifty-seven
フィフディセヴン
/fifdiˈsɛv(ə)n/
90 ninety
ナインディ
/ˈnʌɪn(d)i/
25 twenty-five
トゥエンディファイヴ
/twɛn(d)iˈfʌɪv/
58 fifty-eight
フィフディエイト
/fifdiˈeɪt/
91 ninety-one
ナインディワン
/nʌɪn(d)iˈwʌn/
26 twenty-six
トゥエンディシクス
/twɛn(d)iˈsɪks/
59 fifty-nine
フィフディナイン
/fifdiˈnʌɪn/
92 ninety-two
ナインディトゥー
/nʌɪn(d)iˈtuː/
27 twenty-seven
トゥエンディセヴン
/twɛn(d)iˈsɛv(ə)n/
60 sixty
シクスディ
/ˈsɪksdi/
93 ninety-three
ナインディスリー
/nʌɪn(d)iˈθriː/
28 twenty-eight
トゥエンディエイト
/twɛn(d)iˈeɪt/
61 sixty-one
シクスディワン
/sɪksdiˈwʌn/
94 ninety-four
ナインディフォー
/nʌɪn(d)iˈfˈɔɚ/
29 twenty-nine
トゥエンディナイン
/twɛn(d)iˈnʌɪn/
62 sixty-two
シクスディトゥー
/sɪksdiˈtuː/
95 ninety-five
ナインディファイヴ
/nʌɪn(d)iˈfʌɪv/
30 thirty
サーディ
/ˈθɚːdi/
63 sixty-three
シクスディスリー
/sɪksdiˈθriː/
96 ninety-six
ナインディシクス
/nʌɪn(d)iˈsɪks/
31 thirty-one
サーディワン
/θɚːdiˈwʌn/
64 sixty-four
シクスディフォー
/sɪksdiˈfˈɔɚ/
97 ninety-seven
ナインディセヴン
/nʌɪn(d)iˈsɛv(ə)n/
32 thirty-two
サーディトゥー
/θɚːdiˈtuː/
65 sixty-five
シクスディファイヴ
/sɪksdiˈfʌɪv/
98 ninety-eight
ナインディエイト
/nʌɪn(d)iˈeɪt/
33 thirty-three
サーディシックス
/θɚːdiˈθriː/
66 sixty-six
シクスディシクス
/sɪksdiˈsɪks/
99 ninety-nine
ナインディナイン
/nʌɪn(d)iˈnine/

*カタカナ表記について
Atsueigoはカタカナで英語を表記すべきでないと考えており、英語の音声はすべて発音記号をベースに理解すべきであると考えています。
しかし、本記事は英語初学者に対する理解のしやすさも考慮し、記事内でカタカナを使った解説もしています。
発音記号については以下の記事を使用し学習することが出来ますので、今後本気で英語を学びたい方は是非こちらを参考にして下さい。

 

英語の数 発音と解説 0-10

0から10はもっともよく使う表現。
覚えてどんどん使っていきましょう。

書き方 音声
 0 zero
ズィーロウ
US:/ˈziːroʊ/
UK:/ˈzɪ(ə)rəʊ/
1  one
ワン
/wʌn/
2 two
トゥ
/tuː/
3 three
スリー
/θriː/
4 four
フォー
/fˈɔɚ/
5 five
ファイヴ
/fʌɪv/
6 six
シクス
/sɪks/
7 seven
セヴン
/sɛv(ə)n/
8 eight
エイト
/eɪt/
9 nine
ナイン
/nʌɪn/
10 ten
テン
/tɛn/

英語の数 発音と解説 11-19

 書き方 音声
11 eleven
イレヴン
/əˈlɛv(ə)n/
12 twelve
トゥエルヴ
/twɛlv/
13 thirteen
サーティーン
/θ`ɚːˈtiːn/
14 fourteen
フォーティーン
/f`ɔɚˈtiːn/
15 fifteen
フィフティーン
/fɪfˈtiːn/
16 sixteen
シクスティーン
sɪksˈtiːn
17 seventeen
セヴンティーン
/sɛvnˈtiːn/
18 eighteen
エイティーン
/eɪˈtiːn/
19 nineteen
ナインティーン
/nʌɪnˈtiːn/

13-19は語尾に"teen"がつきます。

しかし、
eleven,twelve
は例外なので注意です!

英語の数 発音と解説 20-99

書き方 発音(音声はアメリカ英語)
20 twenty [ˈtwɛn(d)i]
30 thirty [ˈθɚːdi]
40 forty [ˈfɔɚdi]
50 fifty [ˈfifdi]
60 sixty [ˈsɪksdi]
70 seventy [ˈsɛv(ə)n(d)i]
80 eighty [ˈeɪdi]
90 ninety [ˈnʌɪn(d)i]

20以上の数では語尾に"ty"がつきます。

※注意

4 → four
14 → fourteen
40 → forty

40(forty)のつづりに気をつけましょう。"fourty"ではありません。
Atsu
Atsu

21や52などの数字を表す時は、日本語と同様。

10の位の後に1の位の数字を付けるだけです。
例)
31 → thirty-one
56 → fifty-six
99 → ninety-nine

数字をアルファベットで書く際は、10の位と1の位の間に"hyphen"(-)を置くのを忘れないようにしましょう。

数の大きい単位

人口やお金の話をする際には、数字の単位を覚えておくと便利です。

数え方は日本とは異なりますが、3桁ごとの","で覚えると簡単です。

数字 書き方 発音

100
a/one hundred
ア/ワンハンドレッド
[ə/wʌnˈhʌndrədθ]
1千
1,000
a/one thousand

ア/ワンサウザント

[ə/wʌnˈθaʊz(ə)nd]
1万
10,000
ten thousand [tɛnˈθaʊz(ə)nd]
10万
100,000
a/one hundred thousand [ə/wʌnˌhʌndrədˈθaʊz(ə)nd]
100万
1,000,000
a/one million [ə/wʌnˈmɪljən]
1千万
10,000,000
ten million [tɛnˈmɪljən]
1億
100,000,000
a/one hundred million [ə/wʌnˌhʌndrədˈmɪljən]
10億
1,000,000,000
a/one billion [ə/wʌnˈbɪljən]
100億
10,000,000,000
ten billion [tɛnˈbɪljən]
1千億
100,000,000,000
a/one hundred billion [ə/wʌnˌhʌndrədˈbɪljən]
1兆
1,000,000,000,000
a/one trillion [ə/wʌnˈtrɪljən]

ポイント

",000のように、3つの"O"と","の塊を見たら"thousand"
,000,000という風に,000の塊がふたつ出てきた場合は、
"million"と認識しましょう。
さらにもう1つ塊が増えると"trillionとなります。"

数の単位に"s"はつけない

"hundred, thousand"など、数の単位に"s"は要りません。

例)

  • 200 → two hundred
  • 5,000 → five thousand
  • 2,000,000 → two million

例外)
「何百の、何万の」などといった表現を作る時は"s"をつけます。

  • hundreds of people → 「何百もの人」
  • tens of thousands of people「何万もの人」

数の読み方

ここからは数の読み方を確認していきましょう。

例)

125
a/one hundred (and) twenty-five

267
two hundred (and) sixty-seven

4,652
four thousand,six hundred (and) fifty-two

20,480
twenty thousand, four hundred (and) eighty

112,600
a/one hundred twelve thousand, (and) six hundred

5,034,001
five million, thirty-four thousand, (and) one

とこのように、3桁ごとに区切って読みます。

イギリスでは下2桁の前に"and"を付けますが、アメリカでは付けません。

好きな方を覚えましょう。

英語の序数

序数は順番や日付を表す時に使われる数字です。

英語の序数一覧表 1-99

序数 書き方 [発音] 書き方 書き方
1st first 34th thirty-fourth 67th sixty-seventh
2nd second 35th thirty-fifth 68th sixty-eighth
3rd third 36th thirty-sixth 69th sixty-ninth
4th fourth 37th thirty-seventh 70th seventieth
5th fifth 38th thirty-eighth 71st seventy-first
6th sixth 39th thirty-ninth 72nd seventy-second
7th seventh 40th fortieth 73rd seventy-third
8th eighth 41st forty-first 74th seventy-fourth
9th ninth 42nd forty-second 75th seventy-fifth
10th tenth 43rd forty-third 76th seventy-sixth
11th eleventh 44th forty-fourth 77th seventy-seventh
12th twelfth 45th forty-fifth 78th seventy-eighth
13th thirteenth 46th forty-sixth 79th seventy-ninth
14th fourteenth 47th forty-seventh 80th eightieth
15th fifteenth 48th forty-eighth 81st eighty-first
16th sixteenth 49th forty-ninth 82nd eighty-second
17th seventeenth 50th fiftieth 83rd eighty-third
18th eighteenth 51st fifty-first 84th eighty-fourth
19th nineteenth 52nd fifty-second 85th eighty-fifth
20th twentieth 53rd fifty-third 86th eighty-sixth
21st twenty-first 54th fifty-fourth 87th eighty-seventh
22nd twenty-second 55th fifty-fifth 88th eighty-eighth
23rd twenty-third 56th fifty-sixth 89th eighty-ninth
24th twenty-fourth 57th fifty-seventh 90th ninetieth
25th twenty-fifth 58th fifty-eighth 91st ninety-first
26th twenty-sixth 59th fifty-ninth 92nd ninety-second
27th twenty-seventh 60th sixtieth 93rd ninety-third
28th twenty-eighth 61st sixty-first 94th ninety-fourth
29th twenty-ninth 62nd sixty-second 95th ninety-fifth
30th thirtieth 63rd sixty-third 96th ninety-sixth
31st thirty-first 64th sixty-fourth 97th ninety-seventh
32nd thirty-second 65th sixty-fifth 98th ninety-eighth
33rd thirty-third 66th sixty-sixth 99th ninety-ninth

基本的には"-th"をつけるだけですが、黄色のマーカーを引いた所には注意しましょう。
twentyを例にとると、最後の"y"を"i"に変え、そこに"eth"をつけます。

"first,second,third"は10の位になっても使うので忘れないようにしましょう。

くれぐれも"twenty-oneth"などとしないように

数の大きい序数

数字 書き方 発音

100
a/one hundredth [ə/wʌnˈhʌndrədθ]
1千
1,000
a/one thousandth [ə/wʌnˈθaʊz(ə)nθ]
1万
10,000
ten thousandth [tɛnˈθaʊz(ə)nθ]
10万
100,000
a/one hundred thousandth
 [ə/wʌnˌhʌndrədˈθaʊz(ə)nθ]
100万
1,000,000
a/one millionth
[ə/wʌnˈmɪljənθ]

序数を100万まで使うことはなかなかありませんが、"th"をつければOKです。

KとM

最近"K"や"M"といった表現を見ることが増えたのではないでしょうか。
YouTubeやTwitterのフォロワー数や再生回数などによく使われています。

さらに予算などに関するビジネス書でもよく見かける表現です。

これはそれぞれ下記の簡略表現です。

K (kilo) = 千(1,000)
M (million) = 100万(1,000,000)

例)
10K = ten thousand (1万)
10M = ten million (1000万)

また"G"(grand)という表現もあります。
これは1000ドル、1000パウンドの意味で、お金に使われます。

50Gといえばfifty thousand dollars(50,000$)となります。

英語の小数

英語で「小数」は"decimals"と言います。

読み方は簡単なので、早速例を見ていきましょう。

9.687
読み方) nine point six eight seven

0.607
読み方)zero point six oh (zero) seven

20.45
読み方)twenty point four five

"."を"point"と読み、小数点以下は1文字ずつ読みます。

小数点以下の0は"oh"で読まれることが多いです。

「小数点」は"decimal point"と言います。
Atsu
Atsu

英語の分数

英語で「分数」は"fractions"です。

英語の分数 基本ルール

分子(numerator)/分母(denominator)
基数/序数

分子はそのままの数字、分母は序数を使います。

例)
2/7 → two sevenths
3/4 → three forths

分子が2以上の時は、分母の序数に複数形の"s"を付けます。

では分子が1の場合はどうなるのでしょうか。

例)
1/8 → an eighth
1/13 → a thirteenth

このように、"a + 分母の序数"で表します。
この時、分母は単数形です。

halfとquarter

分母が"2"と"4"の場合は、それぞれ"half,quarter"が使われます。

例)
1/2 → a/one half
1/4 → a/one quarter (a/one fourth)
3/4 → three quarters (three fourths) → quarter が3つあるイメージなので複数形ですね。

この表現は特にイギリス英語で使われます。
アメリカではそのまま「基数/序数」で表されることが多いです。

大きな分数

数字が大きな場合は、"over"を使って分数を表します。
この時は、分子も分母も基数を使います。

例)
801/920 → eight hundred (and) one over nine hundred (and) twenty

ローマ数字

使用頻度はそこまで高くありませんが、歴史の教科書を読むと"Louis XVI"などといった表現が出てきます。

必ずしも覚える必要はありませんが、知っていて損はない表現です。

ちなみに◯◯何世という時は序数で表します。

例)
Louis XVI → Louis sixteenth

ローマ数字一覧表

数字 書き方
1 I
2 II
3 III
4 IV
5 V
6 VI
7 VII
8 VIII
9 IX
10 X
20 XX
30 XXX
40 XL
50 L
60 LX
70 LXX
80 LXXX
90 XC
100 C

なぜ"IV"が4になるかというと、5-1=4という風に、右側のVから左のIを引くという理屈です。

同様にXは10なので、IXは9となります。

おわり

いかがでしたか?

今回は英語で数字の読み方・書き方・単位など、数字に関わる表現を濃く、そして網羅的にまとめました。

英語でも数字は普段の生活でよく使うため、何度も本記事を何度も読んでしっかりとマスターしましょう!

それではまた。

VOCABULARIST

-Basics, 海外留学・就職

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.