https://www.atsueigo.shop/

英単語

【英単語勉強法】"ニュアンス"の違いはそこまで気にしすぎないのがコツ

更新日:

こんにちは、Atsuです、

今回は、単語を英単語帳で勉強するときに「ニュアンスの違いはどこまで気にすればいいのか」というお話です。

気にしすぎてもキリがないし、かといって完全に無視して進めていいのかという疑問を私自身よく思っていましたし、英語を勉強中の方からたくさんこれについて質問をいただくことが多いので、今回は「英単語のニュアンス」に焦点を当て、それを学習の中でどれだけ気にしながら、そしてどのように習得していくのかについてお話ししていきます!

 

【質問】「英単語暗記の際、ニュアンスの違いはどこまで気にするのか」

それでは早速英単語のニュアンスについて話そうと思います。

例えば今私の手元にある『キクタン』をパッと開くと、そのページには

「sole:唯一の、独占的な」

という英単語が掲載されていました。そして、同義語として

「exclusive(排他的な)」

という単語が掲載されています。

これを見たときに

「sole と exclusive ってじゃあどう違うんだろう?」

と気になりますよね。そしてそのままインターネットであちこち調べて、その違いを理解しようとする方も多いと思います。

しかし、長年の英語学習から私の結論は

英単語帳はニュアンスを気にしすぎないでとりあえずドンドン進めていくべき

となりました。

ここで「異議あり!」という人もいるかと思います。それはそれで全く構わないと思います。

結局英語学習に正解はありません。私はあくまで自分の考えと経験をシェアしているだけなので。

なのでここからはなぜこのような考えに至ったのか書いていきますが、そうしなければいけないと言っているわけではありませんのでご注意を。

それでは私の意見を見ていきましょう。

 

英単語帳を使った学習にはニュアンスよりももっと大事なことがある

なにかものごとを進めるとき、タスクに優先順位をつけて実行していきますよね?

そりゃあ行ってプラスになるタスクは全部できれば越したことはないのですが、私たちの時間は限られています。なので必ず優先順位をつけた学習が必要なのです。

それでは私が動画や記事で繰り返し強調している、英単語帳を使って単語暗記におけるもっとも重要なことは何でしょう。それは

「単語帳の回転率を高く保つ(サクサク前に進む)」

ことです。これは記憶の忘却曲線に沿って立てた戦略でしたね。

人間の記憶の構造上一定短期間で単語をたくさん繰り返しレビューすることが暗記の近道なのです。にもかかわらず、最初から1つ1つのニュアンスの違いを気にして調べていたのでは、単語帳が一向に進まないんですよね。

回転率が低い状態でじっくり単語帳を進めたとしても、2周目3周目に入った際に「最初に覚えた単語を全然覚えてない」状態が考えらえるわけです。

単語をとりあえずざっくりとした感覚で大量に覚えられることと、ニュアンスを一つ一つ詳しく知っていても全然単語が覚えられていない状態、どっちがいいですか?私なら断然前者です。

【10000語覚えた私が語る】英単語の勉強法完全公開!暗記を超効率的にする 3つのステップ

こんにちは!ATSUです。 皆さんは英単語を覚えるのに苦労していませんか?何千語もある単語をただただひたすら暗記する作業 ...

続きを見る

 

もちろんそういったニュアンスを突き詰めていくことがより深いネイティブとのコミュニケーションにつながったり、高度な専門職になるほど求められたりと、突き詰めることで自分にとってプラスになる場面はたくさんあります。ただ、英単語帳を使った学習でまず重要なのは全単語の意味を大まかにとらえかつ暗記することであり、それを達成する上で重要な「高い回転率」を達成することは、ニュアンスを気にすることよりもはるかに重要であると言えます。

よって、特に初学者の方はとりあえず細かいことを気にせず英単語の語彙数を増やすことに専念するのが吉だと思います。実際私もそうしてきました。

では、英語学習において「ニュアンス」という要素はどう対処すべきなのでしょうか。

 

大量の英語に触れるなかで洗練されるニュアンスの感覚

単語帳で英単語を勉強している時はそこまでニュアンスの違いにこだわる必要はないということでした。では一生そういった単語と単語の微妙な際について知らないままでいることになるかというと、そういうわけでもありません。

大量に英語を触れていくと、たくさんある類義の単語たちのどれがどのような場面で好まれるのかというのが感覚的に分かってきます。

イメージとしては最初に頭の中に覚えた単語がたくさんあり、それぞれの単語が使われている場面に出会う度に、各単語の感覚が研ぎ澄まされていくという感じです。

おわり

以上、英単語暗記の際に細かいニュアンスは気にするべきか、という話とその対処法についての話でした!

「まずは回転率を上げるのが最優先」

「ニュアンスの違いは使う中で覚える」

この2つを意識して、効果・効率的な英単語暗記をしていきましょう。

何事も big picture、全体像をまずはとらえ、そこから細かく見ていくことが重要です。

また、今回はニュアンスの違いについてそこまで神経質になる必要はないという話でしたが、どうしても違いが知りたい場面などではどのように解決していたか、こちらの記事にまとめていますので興味のある方はぜひ:)

【英単語勉強法】グーグル画像検索で類義語のニュアンスを完璧に理解する方法

こんにちは、Atsuです。 今回は「グーグル画像検索」を使って英単語の勉強をいっそう効果的にする方法についてお話ししてい ...

続きを見る

 

VOCABULARIST

-英単語

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.