大学受験

【大学受験英語】ゼロから始めて半年で偏差値70を達成した最強の英語勉強法を公開!!

更新日:

こんにちは、Atsuです!

大学受験において、英語の偏差値、成績がなかなか伸びないのは辛いですよね。
それに、受験が近づいてきて急に勉強しろと言われても、何をどう勉強していいか、分からないと思います。私もそうでした。

しかし、そんな中どうすれば効果的かつ効率的に英語力が伸びるかをよく考え、その勉強法実践した結果、今まで偏差値50に満たないこともあったセンター模試が、半年で65~70まで向上しました。

今回はその英語に対するアプローチ、勉強法を皆さんにお伝えします。

大学受験英語で大事なのはまずは英語とは何かを理解すること


私は高校2年生の終わりごろに初めて英語の勉強を真面目に開始しました。

それまで大学受験すら考えていなかった私は、塾や予備校にも当然行っておらず、勉強も特にしていませんでした。英語学習を開始して、最初はとにかく問題集を解いたり、単語を書いたりしていました。

しかし、なかなか英語の成績は伸びません。学校の先生に聞いても具体的な勉強法は教えてくれないし、「とりあえずこの問題集をやれ」とか「とりあえず単語からだ」とか、ありきたりなアドバイスばかり。そこで、一回今まで問題集を解いたりするのに使っていた時間を、英語の勉強法や、それを行うための計画を考える時間に使いました。

やばい、何も勉強してない。。。」と少し不安な気持ちもありましたが、このまま何をすれば良いか分からないまま勉強していても、効率が悪いと思ったんです。

まずは

そもそも「英語」って何だろう?

というめちゃくちゃ基本的な話から考えてみました。

そもそも英語とは?

英語ってなんだろうなーと考えながら英文を見たり、英語が使われている場面を想像したりして色々考えた結果、結局英語って3つの要素で構成されているんじゃないかなと考えるようになりました。

それは

    • 文法
    • 単語
    • 発音

この3つです。

英語っていうのは結局「英文」から出来ていますよね。

受験英語の長文は英文がずらーっと並んでいるだけだし、リスニングは英文が音になっただけだし、スピーキングもライティングもその英文を作るという作業です。

つまり、全部「英文」で出来てるなーと思ったわけです。

そしてその英文は結局「単語」が「文法」というルールに従って並んでいるだけです。聞いたり話したりするときはそれが「発音」されているだけです。

「英語の勉強」と聞くとすごく漠然としていて、精読、多読、問題集を解く、英文解釈、などなど色々なことをしなくてはならず、大変そうなイメージがそれまではありました。

しかし、シンプルに、まずはこの三つを勉強すれば、英語はそれだけでOKです。この辺をしっかり固めずに、とにかく書いたり読んだりしても、あまり効果はありません。

 

英語の本質は、どんな難関大学の英語でも一緒


また、これは東大、京大、早稲田、慶応、上智、センター試験、英検など、どこの大学、どんなタイプの試験においても完全に共通することです。

どこの試験でも、結局試験内容は「英語」です。センター英語とか、上級英語とか、色々なカテゴリーで分けられますが、英語は英語ですから、その中身は同じ「単語」、「文法」、「発音」の三つです。

それでは、大学受験においてどうやってこの三つを勉強すれば良いのでしょうか。

 

大学受験でまず抑えるべきなのは文法と単語


大学受験英語で、とにかく重要なのは文法単語です。

これは大学受験のメインはリーディング(長文読解)とライティングであるからです。

発音が必要になるのはリスニングやスピーキングですが、大学受験では一般的に読解が重要になることが多く、それゆえ、まずは文法と単語からおさえましょう。

発音は、「大学受験」をメインとしている時期でしたら、英単語を覚える時に正しい発音で覚えたり、英文法学習中の発声で発音をしっかり意識して読んだりすることで、少しずつ伸ばしていくという感覚で良いと思います。

ちなみに私は、この二つを勉強するだけで、センター模試で偏差値60は越していました。

 

文法と単語の勉強法

文法と単語に集中して勉強することが、受験英語対策を行う上で重要だということが分かりました。

あとはこの二つを勉強するのみです!

しかし、具体的にどうやって単語と文法を勉強すればいいのか。この勉強法の部分をしっかりと確立したものにするだけで、英語学習がもの凄い効率的かつ効果的になります。

特に、英文法と英単語の勉強法は結構な分量があるので別記事にまとめました。大学受験英語の勉強をする上で、成績を伸ばしたい人は絶対に読むようにしてください!

<英文法の勉強法>

【英文法勉強法】2か月で文法を「完全」に「身につける」学習3つのステップを公開!!

こんにちは!ATSUです。 今回は2か月で英文法を全て覚えるためのとっておきの3つのステップについてお伝えしようと思いま ...

続きを見る

<英単語の勉強法(覚え方)>

【10000語覚えた私が語る】英単語の勉強法完全公開!暗記を超効率的にする 3つのステップ

こんにちは!ATSUです。 皆さんは英単語を覚えるのに苦労していませんか?何千語もある単語をただただひたすら暗記する作業 ...

続きを見る

 

単語と文法の勉強をした後は長文読解練習

さて、この文法と単語の学習が終了したら、次は何をすればいいのでしょう?

先ほども話したように、大学受験英語は長文メインなので、英単語と英文法の勉強が終わったら基本的には読めるはずです。

しかし、実際に読んでみると「あれ、これどういう意味だろう?」と読むのに時間がかかることが多いです。

この原因は実際に知識を取り出す練習をしていないからです。

知識をいくら持っていても、それを素早く、適時取り出すには練習が必要です。スポーツも、いくら頭でやり方を理解していても、実際に自分ができるようになるには練習が必要ですよね。それと全く同じです。

なのでしっかりと英語の基礎知識(文法と単語)を固めたら、実際に長文等を使用して知識を取り出す練習をしましょう。

長文読解の練習方法は以下の記事にまとめています。

TOEIC満点を取得した私が英語の長文読解勉強法を大公開|多読編

こんにちは!ATSUです。 「TOEICのリーディングで高点数を取りたい!」、「海外の小説を原文で読んでみたい!」等、み ...

続きを見る


TOEIC満点を取得した私が英語の長文読解勉強法を大公開|精読編

こんにちは!ATSUです。 前回の長文読解勉強法の記事では、多読のメリットを分析することで、リーディングの勉強は「精読」 ...

続きを見る

 

大学受験英語勉強に使った参考書は?


ここまで、英語学習では文法と単語をしっかりと固め、文章を読んだりすることでその知識を素早く、適時取り出す練習(運用練習)をすべきというお話をしましたね。

それでは、その文法、単語、そして運用練習をする時にどんな参考書を使うべきなのでしょうか?

私がおすすめする厳選参考書は全部で10冊あります。うち文法書が1冊、単語帳が3冊、そして問題集が6冊。これだけやれば、偏差値60~70は十分に狙えます。

それら参考書はすべて以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

【セロから始める】大学受験英語の超おすすめ参考書10冊!これでセンター試験満点

こんにちは、ATSUです。 前回の記事、 では、大学受験英語はセンター試験であれ、どんな難関大学の英語であれ、同じ勉強法 ...

続きを見る

 

まとめ

今回は大学受験英語勉強法についてお話ししました。

英語学習に対する全体的なアプローチに始まり、英語とは何か、受験英語の特徴は何か、そして具体的な勉強法は何をすべきかをじっくりと考え理解するいい機会になったと思います。

この学習方法に従えば、難関大学の英語試験もセンター英語も問題なく解ける能力をつけることができるはずです。

まずはしっかり本質を理解して、コツコツと基本に忠実に学習を進めていきましょう。

それでは!

-大学受験
-

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.