スピーキング

散々使い倒した私の語るオンライン英会話3つの"裏技的"使い方

更新日:

 

こんにちは、Atsuです。

今回は、オンライン英会話を使い倒してきた私だから話せる「裏技的」使い方を3つ紹介したいと思います。

私のスピーキング力向上にまちがいなく一役買ってくれたのが「オンライン英会話(私はRsrejobを使用)」なんですが、実はスピーキング力を伸ばすという以外にも効果的な使い道があるんです。

大学生の頃毎日50分*2年間このオンライン英会話に捧げてきた私だからこそ見つけた効果的な使い方について、紹介していきます!現在オンライン英会話を利用してる人、そして今後利用を考えてる人は参考にしてください:)

ちなみに、「スピーキング力を伸ばす」といういわゆる王道的なオンライン英会話の使い方はこちらの記事で解説しています!

オンライン英会話って何!?ペラペラになるための効果的な使い方

こんにちは!Atsuです。 今回は今流行りのオンライン英会話についてお話しします! 私は英語のスピーキングを伸ばすために ...

続きを見る

オンライン英会話でできる「裏技的」使い方3つ

オンライン英会話は、オンラインで行われる格安の英会話サービスです。

こちらを利用すると、日本にいながらにして英語を使って会話の練習ができるというメリットがあるのはもちろんなのですが、実はそれ以外にも使い道があるんです!

それは以下の3つになります。

1.英文添削

2.発音チェック

3.他の専門分野の学習

 

1.英文添削

一つ目は、自分の書いた英文の添削を頼む、というものです。サービス自体が公に言っているわけではありませんが、講師に英文添削を頼むことが可能なんです。

例えば私は事前に「今日は会話をしなくて結構だから、このライティングの添削をして欲しい」と伝えた上でWordファイル等をスカイプで送り、添削して貰ったことが何度もあります。

私の場合は特に大学院受験の際にTOEFL iBTのWriting対策をする必要があったために、自分で購入したTOEFLの教材を使用してWritingを行い、それをRarejob講師にチェックして貰っていました。

ライティングの記事では書きましたが、英文は基本的には自分で添削できます。文法が完璧に身についていれば文法面でのミスはほとんどしませんし、仮にしたとしても後から自分で気づけます。単語に関してもスペルミスなどは検索すればいくらでも修正できます。

ただし、文法的にも単語の観点からも間違いではないが、

「こういう書き方をネイティブはあまりしない」
「こっちの表現を使った方がよりナチャラルだ」

といったように、書籍等のみでは判断の難しい部分を指摘して頂けるため、非常に有用です。

【保存版】英作文の書き方を超具体的に徹底解説!英検、TOEFL、IELTS、エッセイ対応

こんにちは!ATSUです。 英作文やエッセイの書き方やコツが分からず、どうやって練習して良いのか分からない人、沢山いると ...

続きを見る

 

2.発音集中チェック

普段Rarejobで英会話をしている中では、講師はそこまで細かく発音や単語をチェックしていません。向こうが手を抜いているだとか、そういうわけでは決してなく、会話自体を重視しているので、いちいち発音が違うからその都度止めたりしていては会話自体が成り立たないためです。

そこで、「自分では良い発音だと思っていても、相手にはどう聞こえているのかわからない。もしかすると、一部間違った発音をしているのかもしれない。」という気持ちが当時あった私は、

「今日はこの英文を上から下まで読むから、発音がおかしな箇所があったら止めて、訂正して欲しい」

と言ってネット上の英文等を共にシェアして、英語の発音訓練を行ったりしました。

恥ずかしい話ですが、例えば当時私は"singing" を「シンング」のように発音していました。しかし実際は、この Gという音は「喉の奥から出すようなGですので、GreatのGとは違いますよね。

“singing”のGは「Hong KongなどのGです。

こういった細かい発音の修正を、一週間程度通して毎日行うことにより、ある程度発音矯正できたと考えています。

 

3.他の専門分野の学習

最後は、「自分の専門分野の学習」です。これは英語以外に何か自分の専門分野を持っている方で、将来その分野で英語を使おうと考えている方には非常に有効な訓練です。

例えば私の場合、会計学が専門で当時米国公認会計士の勉強をしていましたので

「英語で会計学の議論をする場」

を欲していました。

※ちなみにRarejobは講師への給与がフィリピンの中では比較的高いため、弁護士や会計士などのプロフェッショナルが副業として英語講師を務めていたりする場合が多いみたいです。

そこで、会計士や会計を専門にして大学で勉強していたという講師をプロフィールから探して、毎回「英語」にはフォーカスせず「会計」という自分の専門分野の議論を行い、「英語を使って他分野の知識を伸ばす」という使い方をしました。

普段の勉強では違う角度から今勉強している内容について質問が飛んできて、「なるほどな」という気づきがあったり、実際に人に説明したことがある論点はそうでない論点に比べて記憶への定着率が全然違ってきたりするので、とても役立ちました。

講師の方からしたらひょっとしたら色々と面倒臭い生徒だと思われるかも知れませんが、そこはお金を払っている分、元の金額以上を取り戻そうという貪欲な気持ちで、ガンガンオンライン英会話を使っていました。

 

おわり

以上が、私が実践していた「裏技的」オンライン英会話の使い方でした!

もちろん、あくまでオンライン英会話のメインの使い方は英語での”FREE CONVERSATION “です。ただ、かつての私がそうであったように「周りにネイティブがいない環境に身を置いている方」にとっては、今回述べたように何かと使い勝手のいいサービスであることは間違いありません。

今は無料で体験授業もやっているみたいですので、ぜひ今回の記事を読んで興味を持った方は一度受けてみてはいかがでしょうか!初めてやった時はすごく緊張しましたが、フィリピン人の講師たちは皆さん本当にとても良い人ばかりですので、30分があっという間に過ぎると思います:)

私が学生時代使用していたレアジョブの利用はこちらから!

オンライン英会話って何!?ペラペラになるための効果的な使い方

こんにちは!Atsuです。 今回は今流行りのオンライン英会話についてお話しします! 私は英語のスピーキングを伸ばすために ...

続きを見る

-スピーキング

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.