スピーキング

【オンライン英会話】が超効果的になる使い方を徹底解説する

更新日:

こんにちは!Atsuです。

今回は今流行りのオンライン英会話についてお話します!

私は英語のスピーキングを伸ばすために「独り言」「オンライン英会話」の2つを行うことによって国内にいながらも英語を話せるようになりました。

オンライン英会話をやろうか迷っている方や、すでにやってるけどいまいち効果的な使い方がわからないという方は今回の記事を読むことできっとその問題が解決できます。

また、独り言の行い方と、私が国内でどれだけ話せるようになったかは以下の記事にまとめていますので、興味のある方は是非こちらもご覧ください。

【英語のスピーキング練習法】純ジャパが独学でペラペラになる5ステップを公開

こんにちは!ATSUです。 今回は「英語のスピーキングをを独学で勉強し、その後大学院留学、海外就職を達成した私」が、話せ ...

続きを見る

オンライン英会話って何??気になる料金設定と講師陣の英語力

一口にオンライン英会話といっても、レアジョブ、DMM英会話、イングリッシュ英会話など、今では本当にたくさんのオンライン英会話を提供している団体があります。

内容と料金に関してはサービス団体によって若干の差はありますが、基本的に英語話者と、格安で話せるという本質的な部分に変わりはありません。

例えば、私の使用していたレアジョブは以下のような値段設定になっています。

【日常英会話コース】
◇毎日25分プラン:6264円(税込)
◇毎日50分プラン:10476円(税込)

レアジョブの申し込みはこちらから

毎日50分話せて、1万円ちょっとというのはかなり安いですよね。

また、昔は夜しか選択できる時間帯がありませんでしたが、今は朝から選択できるようなので、柔軟性はその分向上しているようです。レアジョブに関して言えば、フィリピンで最もレベルの高いフィリピン大学という大学の学生がたくさん登録されており、優秀な学生と話すことで英語だけでなく様々なことについて勉強できたのも非常に良い経験となりました。

最終的には(本当はダメだと思いますが)レアジョブの先生と友達になり、実際にフィリピンまで行ってしまいました。(笑)

ここまでできたことを考えると、月々1万円は安すぎました。

また、フィリピン人って英語喋れるの?と思う方もいると思いますが、彼らの母語はタガログ語などの、英語ではない言語が基本ですが、会社や学校のなかでは英語が使用されていることも多く、またアメリカ系の会社が多くあり、現地の人々を雇い米国向けカスタマーサービス等を行っているため、英語が上手な人がとても多いです。

 

オンライン英会話をやるメリット

国内にいながらにして英語のスピーキングを伸ばす上で、最も効果的な練習方法の一つは「独り言」です。私は英語での「独り言」を習慣にすることで、スピーキングを伸ばしてきました。

IELTS8.5の純ジャパが英語のスピーキングを「独り言」で伸ばす練習法公開

こんにちは!Atsuです。 今回は、英語のスピーキングを独学で上達させるために最も効果があったと確信している「独り言」の ...

続きを見る

しかし、そんな独り言でも培うことのできないものがあります。

それは、

相手の返答に対して瞬発的に英語をアウトプットする能力

です。独り言は、表現力、英語知識の定着、発音向上、英語を話すことに対するアレルギーの解消、など様々な面で効果的です。

しかし一方で、予想していない質問等に関して瞬発的に答える力、つまり会話力を鍛えるにはあまり向いていません。このキャッチボールの部分がうまくいかないと、本当のスピーキング力は完成しない、というのは何となく分かるのではないでしょうか。

逆にいえば、英語の基礎をつくり、話す力を独り言などで鍛えれば、あとはこのキャッチボールする力、会話力だけ伸ばせばよいのです。

そこで、会話力を伸ばすために誰かと英語を使用して実際に会話をする必要があります。私はそのような機会を意識的に作るため、カフェなどで英語を使って友人と会話をしたりしていました。

しかし、意欲的な英語学習者がいつでも自分の周りにいるとは限りませんし、実際にいたとしても、自分の好きなタイミングで頻繁にできるものではありません。

そこで、このオンライン英会話が役に立ちます。

 

オンライン英会話の効果的な使い方


さて、オンライン英会話をやって初めて見たけど、スピーキングが伸びている気がしない!と感じてしまう人はいませんか?

オンライン英会話では自由形式の会話が基本形ですが、相手に会話の流れを任せていると、

「犬好き?どんな犬が好き?」

とかそんなどうでもよい会話で25分過ぎてしまいます。

「犬好きだけど・・・で??笑」

実際にこの質問をされた時の心境はこんな感じでした。笑

正直これだと使用する単語は制限されますし、英語のスピーキングを伸ばす上で効果的な会話とは言えません。確かな目的意識を持たなければ効果が半減してしまう、というのはどんなものごとにでも当てはまるのではないでしょうか?

そこでこうならないためにも、今回はオンライン英会話を効果的にするコツを2つご紹介します!

 

コツ1. 会話の主導権を握る

一つ目のオンライン英会話を効果的に使用するコツは、会話の主導権は自分が握ることです。

「英語でそんなことできっこないよ!」と思いましたか?

大丈夫です!初めから自分でペラペラと英語を話すのは確かに難しいです。

そこで、初めは自分がインタビュアーになったつもりで、相手に質問することを心がけてみましょう!例えば「どんな専攻なの?」と相手の選考について聞いてみたり、「それってこういうこと?」と自分の言葉で言い換えてみたり、とにかく自分が会話をリードしてみるのです。

現在英語が出来る、出来ないに関わらず、自分で話したいことを決めることは練習すればすぐにできます。レッスンの時間を生かすも殺すも私たち次第です。ただダラダラ毎日やってもなんとなく会話に慣れたで終わってしまうため、強い意志を持ってやりましょう。

こうして、主体的に会話を進める癖をつけると、自分で複雑な文を構成したり、難易度の高い単語を使ったりする機会が圧倒的に増えるため、英語力の底上げにつながります。

 

コツ2.覚えたい単語の強制使用

二つ目のコツは、覚えたい単語の強制使用です。これはどうしても定着させたい、と思う単語会話の中で無理矢理にでも使用することで、記憶の定着を早めるという作業です。

「独り言」の中でも、この「単語の強制使用」は行いますが、実際にやってみると分かると思いますが、やはり実際の会話の中で使った単語というのは、より記憶に強く残る印象があります。現在単語帳・表現集を行なっている方は、ぜひ覚えたい単語を無理やり会話の中で使って見ましょう。

また、こうして使いたい単語を決めておくことは会話の内容をを主体的に決める上でも役立ちます。

どういうことかというと、例えば「declare war(宣戦)」のような政治で使われそうな単語が多く単語帳の覚えたいページに載っている場合、私でしたら、「憲法9条の改正のニュース見た?そのニュースっていうのはさ〜」のように、憲法の話にもっていきます。このように事前に決めておく単語が会話の方向性のを決めるのに役立つことも多いです。

 

まとめ

オンライン英会話は、私自身大学生の頃に2年間ほど利用し、本当に感謝しているサービスです。

1ヶ月毎日50分話せて1万円というのは、マンツーマンの英会話の相場がワンレッスン数千円〜1万円なのを考えると、正直、破格の値段だと思います。オンライン英会話のほとんどが無料レッスンも提供してくれています。まずはそれらを実際にやってみて、自分のツボにはまる会社を探して見てはいかがでしょうか。

毎日オンライン英会話をやって、グングン英会話力を伸ばしていきましょう!それでは。

-スピーキング

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.