モチベーション

「気づいたら英語が習慣に」勉強のモチベーションを保つ3つの方法

更新日:

こんにちは!Atsuです。

英語の勉強を行なっていると誰しもがぶつかる壁の1つに、「勉強のモチベーションの維持」があると思います。

気がつくと単調な作業の繰り返しで、モチベーションが下がっていき、「あれ?なんで英語勉強しているんだっけ」と足を止めそうになる瞬間は誰にでもあります。

「Atsuさんはどうやって英語のモチベーションを保っていますか?」という質問をいただくこともよくあるので、今回は数々の英語試験、専門科目の勉強の中でどうやって私がやる気を保ってきたかについてお話しします!

どれもこの記事を読んだ瞬間から実践できる内容ですので、みなさんぜひ参考にしてください!

英語学習のモチベーションを保つ3つの方法

英語の勉強をしていると時たま感じてしまうこと。

それは「なんか勉強のやる気が出ない…」という気持ちです。

よく「モチベーションは自然に湧いてくるものであるため、モチベーションは上げようとして上げるようなものでない」という考えがあります。確かにそうした側面もあると思います。

しかし、私は高いモチベーションを保つには、意識的にモチベーションを維持しやすい思考回路を形成し、それを習慣的に適用することがとても重要であると考えています。

以下の3つが、私が英語学習のモチベーションを保つために形成した思考回路です。

  1. 常に好きでやっているかを確認
  2. 自分が目標を達成したときの姿を想像
  3. 日々自分のやっていることの総括

一つずつ詳しく見ていきましょう!!

 

1. 好きでやっているかの確認

まず重要になってくるのが、「今やっている勉強がそもそも好きなのか」という大前提の確認です。

私がここまで英語を本各的に勉強し始めたきっかけ、継続してこられたのは英語が好きだから、という単純な理由からです。

英語力は正しい方法で学習を行えば誰にでも身につけることが可能ですが、多くの時間を投資することが必要不可欠になります。自分が好きじゃないことを毎日こなすことはとても苦痛を伴いますよね。

「将来もしかしたら英語が必要になるかもしれないから」
「別に好きじゃないけど、なんとなく英語やってる」

という方はモチベーションを維持するのは難しいしいのかな、というのが正直な気持ちです。なので私がモチベーションについて考えるときにまず考えるべきだと思うことは、

「いまやっている勉強は自分がやりたいことか」

という確認です。

あなたがすでに英語の勉強を始めているのなら、勉強を始めたきっかけ、目的が絶対にあるはずです。些細な理由でも、明確な目的意識がないものでも全く構いません。

改めて自分の目標を確認し、最初に抱いたその気持ちを忘れないようにしましょう!

 

自分が目標を達成したときの姿を想像

次に重要なことが、自分がその目標を達成したときの姿を想像することです。

ポイントは

姿、感情、情景などをできるだけ細かく想像

することです。

自分にとってオリジナルの目標や夢を達成した時の姿を想像したときに、ふつふつと湧き上がる何かを感じるはずです。

「大勢の聴衆がいる中流暢な英語でプレゼンしている自分」
「国籍がみんな違う友達の中で会話を楽しむ自分」
「留学権を勝ち取り、分厚い英語のタイトルでびっしりと埋め尽くされた本棚が連なる厳かな図書館で勉強している自分」

などなど。

長期的な目標でなくても、

「TOEICで900超えを達成している自分」
「資格試験の合格を家族に報告して祝ってもらっている自分」

など短いスパンでの目標もいいです。
このとき感じる気持ちこそが、学習を継続する最大の目的であり原動力になるのだと思っています。

私自身も「TOEFL100を獲得した自分」、「オーストラリア国立大学で勉強している自分」など、その時々で描く理想は違っても、「達成した自分を想像する」という作業をちょっとした移動時間、電車の待ち時間などの隙間時間に行なってきました。

 

日々自分のやっていることの総括

3つ目のポイントは、日々自分のやっている勉強や仕事についての総括を行う、というものです。

私の場合はそれを「独り言」という形で、毎日行っています。例えば、英文法を集中的に勉強した日でしたら、

「今日は英文法のチャプター〇〇を勉強した。」

とその日の勉強内容を改めて声に出した後に、実際にその日勉強した文法事項を使って文章を作ってみます。もしくは英単語を勉強した日でしたら、その単語を使って実際に文を作ってみます。

やってみるとわかると思いますが、独り言という形でアウトプットすることによって、勉強の内容がより定着するだけでなく、自分の成長度合いについてより敏感になることができます。

そしてその作業の中で得られる達成感や満足感が再びモチベーションになる、という好循環を形成することができます。

英語の勉強だけでなく他の「専門科目」や「仕事」についても、総括することは重要です。

「今日はどういうタスクを終えたのか」
「そのタスクの中で一体どういう気づきがあったのか」
「ああいう失敗があったけど、その失敗から学んだこと」

などを声に出していうことで、自分が昨日に比べてどのくらい成長できたのか知ることができます。私は学校から帰る途中、など時間を決めて毎日行ってきました。(今でもやってます!)

「独り言」についてまとめた記事もありますので、よかったら合わせて読んでみてください!

誰も教えてくれない英会話独学勉強法|「独り言」の具体的なやり方

こんにちは!ATSUです。 今回は、英会話を独学で上達させるために最も効果があったと確信している「独り言」のやり方につい ...

続きを見る

 

まとめ

以上が、私がモチベーションを保つために実際に行なっていた3つの習慣です。

英語に限らずどんな学習もモチベーションを保って勉強を継続すれば力は必ずつきます。一方で、一時的なやる気の低下で学習をやめてしまう人はとても多いです。

だからこそ今回紹介した方法でモチベーションを保ち、周りと圧倒的に差をつけましょう!!

また、皆さんのモチベーションになるような記事をこれからもバンバン更新していきたいと思いますので、ほかの記事もぜひご覧になってください!

それでは。

-モチベーション

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.