大学受験

【ゼロから始める】大学受験英語の超おすすめ参考書10冊!これでセンター試験満点

更新日:

こんにちは、ATSUです。

前回の記事、

【大学受験英語】ゼロから始めて半年で偏差値70を達成した最強の英語勉強法を公開!!

こんにちは、Atsuです! 大学受験において、英語の偏差値、成績がなかなか伸びないのは辛いですよね。 それに、受験が近づ ...

続きを見る

では、大学受験英語はセンター試験であれ、どんな難関大学の英語であれ、同じ勉強法で一気に攻略できることをお話しました。

今回は私が実際にその勉強法を実践するために使用した、大学受験英語おすすめ英語参考書10冊を惜しみなく紹介していきたいと思います!この10冊だけで、独学で大学受験英語の対策は可能です。塾や予備校に通わなくても、受験英語に必要な知識はすべてこの10冊から手に入れることができます。

私もこれだけで英語の偏差値は70まで行きました。実際に使用した順番に説明していきますね。それでは早速まいりましょう!

オススメ受験英語参考書【基礎固め編】


まずは受験英語の基礎を作るための参考書たちから見ていきましょう!

1. キク英文法

大学受験英語に限らず、英語の勉強ではまずは文法から始めればまず間違いありません!私が受験期に一番最初に取り組んだ参考書がこの「キク英文法」です。

いろんな動画・記事で紹介していますが、必要な文法知識が非常にコンパクトにまとまっていながら、内容も網羅的で、これ1冊をマスターすればもう英文法でやることはほぼありません(私はこれ以外文法書はやっていません)。

実際、この参考書を何度も繰り返して、徹底的に暗記した結果、私は文法問題で点数を落とすことはほぼ無くなりました。

コンパクトにまとまっている分、若干読みにくい!という方はより解説が詳しく平易文章で書かれている「一億人の英文法」もおすすめです。

「これから受験対策を始める人」、「基礎ができてない人」はまずこの参考書からやりましょう。

 

2. 速読速聴・英単語 Core 1900

英文法の勉強が終わったら、次は英単語ですね。私は英文法と英単語は同時並行で行っていましたが、最初に使用した英単語帳がこのCore 1900。

おそらく100周はしたと思います(笑)

その結果私のCore 1900はこれくらいボロボロで、原型をとどめておりません。。。

さて、個人的な感覚ですが、大学受験英語で問われる英単語の約8割以上はこの単語帳に含まれていると思っています。

ゆえに、単純に上の英文法書とこの単語帳だけで、あなたの受験英語の成功は約束されたようなものです。内容としては基礎的な単語から英検準1級レベルの単語まで幅広く、東大・京大レベルの英語でも頼りになる1冊になると思います。

加えて、この英単語帳には長文とCDが付属しているのでリーディングとリスニングの練習も英単語を覚えながら行うことができます!それで約2000円ですから、お得感満載です。

この一冊を完璧にしたら「受験英単語の基礎はできた」と断言して良いレベルだと思いますので、皆さんも早くマスターして受験英語の基礎はできたと自信を持って言えるようになりましょう。

ちなみに余談ですが、Amazonでよく一緒に購入されている商品を見るとこんな風になっています(笑)

もしかしてこれは私の影響?なんて思ってます。ちなみにステマではありません。Z会出版さんもアルクから一円も入って来ません。いつ入ってくるのかなぁ(笑)。

3. キクタンAdvanced 6000

こちらの英単語帳はCore1900の補助教材として用いることをおすすめしています。英単語の難易度も、Core1900よりも少し高い程度なので基礎レベルの単語の暗記が既にできている方には重宝される単語帳だと思います。

初めての1冊には向いていませんが、Core1900等の基本単語帳との併用で効果を発揮する英単語帳だと思います。ちなみにキクタンという名前ですが、私は一切聞いていません。買った瞬間CD外してポイです。発音記号読めれば発音分かりますしね。

4. キクブン

英文法と単語帳二冊を仕上げた後に私が取り組んだのはこのキクブンです。

キクブンは270個の構文が含まれている構文集です。ちなみに「構文って何?」と思った方もいると思うので一応説明しておくと、簡単に言えば英文法でよく使う形を切り取ってまとめたものと私は思っています。

例えばキクブンに入っている1つ目の構文はこんな感じです。

It is ~ for <人> to do
<人>にとって…することは~だ例:It is important for parents to read to their children from infancy.

これは正直、英文法書にも載っています。

ただし、とてもよく使う形なので、こうして切り取って構文集にまとめているんですね。

実際、こうしてまとめてよく使う構文を覚えると、英作文をするときや実際に海外で生活する上でパッと英文を素早く作成する能力が高まります。

必ずやらなければならないわけではないですが、使うと知識が整理される良書です。ちなみにこれのCDも買った瞬間ポイです。

 

オススメ受験英語参考書【運用学習編】


ここからは受験英語の基礎を作った後、その知識を使って英語力を向上させていくための参考書を紹介します!

1. ポレポレ英文読解プロセス50

次に、勉強した英単語と英文法知識を上手に使って英文が理解できるのかどうかを確かめるために、この参考書を使いました。

こちらの参考書は、ポレポレという可愛い名前がついているくせに蓋を開ければ寒気がするほど難易度の高い文章が飛び出してきます。読んでも読んでも全然ポレポレしないです(使い方)。

ただ、難易度が高い、かつ質の高い(=幅広い語彙、文法知識を含んだ)文章が含まれている分、自分が複雑な文法を正しく理解できているか確認する時に役立ちます。

繰り返しになりますがかなりレベル高いです。最低でもポレポレはしないです(使い方)。もしかすると、最初は意味が分からず自信喪失してしまう方もいるかもしれないので、ガラスの心をお持ちの方は2番目以降で紹介している参考書をまずやってからでも全然いいと思います。

また、一つだけこの参考書の難点をあげるとすれば、それは日本語訳に焦点を当てすぎている点です。どのようにその文章は訳すかという点に少しこだわりすぎているかなという印象を受けました。

私は、「英語は英語で考える」という意識が英語学習ではとても重要だと思っているので、その点は少し残念でした。ただ受験英語はまだまだ和訳問題等も多いですし、それを考慮しての内容だと思います。

2. センター英語試験過去問(25年分収録)

これはセンター英語試験の過去問です。25年分入っていますが、私は10~15年分ほどしか解いていないと思います。センター英語のレベルというのは簡単すぎず難しすぎずで、自分にしっかりと英語の基礎力がついているかを判断する上でとても便利です。

センター試験を受ける方は本番の試験を解くことによって試験慣れ、それによるスピードの向上も実現できるので、このセンター過去問を解くことはは必須ですね。

ちなみに、センター試験はそろそろ廃止されるようですね。そして英検のような外部試験に代わられるとかそうでないとか。。。またこれも記事にしますね。

3. 黒本

黒本は河合塾が出している過去のセンター英語模試を収録した1冊です。ほかの予備校も同様の過去模試本を出版していますが、黒本が一番本番の難易度に似ていると思います。本番のセンター過去問では足りないという方はどうぞ。

4. 青本

青本は駿台出版のセンター英語模試の過去問です。本番のテストより、少し難易度が簡単であったり難しかったりブレがある気がするので、本番過去問と黒本どちらもやって、まだまだ解きたいというセンター英語オタクになりそうな方は取り組むといいと思います。

私はセンター英語大好き学生だったので取り組みました。

 

5. 白本

代ゼミ出版の白本も上2つと同様センター英語模試を集めたものです。

ほかの2冊の比べると簡単で、少し本番の難易度とは違うかなといった印象を受けています。センター英語オタクと化してもう解く問題がない!という聖域まで達した方にはオススメできます。私はその聖域に達したため、受験期終盤は仕方なくこれを解いていました(笑)。

6. 難関大英語過去問(赤本)

最後は難関大の英語過去問です。センター英語試験で大体8~9割取れている方は、難関大学の英語問題を解くことでより高いレベルの英語に触れることをおすすめします。

センターで8~9割取れている状態でいくらセンター模試や問題集を解き続けても、結局ほとんど分かる問題なので、使った時間の1~2割くらいしか本当の勉強になっていません。

解ける問題を解くことは勉強ではなく自己満足になりがちです。センターで結果が出るようになったら、こうした赤本でより高いレベルを目指すといいでしょう。そうすることでセンターの点数も一層上がりますよ。

 

まとめ

今回紹介した大学受験英語の参考書10冊、いかがでしたか?

私も受験生を経験したことがあるのでわかりますが、本屋にいくと大学受験用の参考書はたくさんあって、あれもこれもと手を出してしまいたくなると思います。実際私の友人には参考書コレクターのような人が沢山いました。

しかし、実際はたった10冊で、どんな難関大学の英語問題も独学で解けるようになります。大学受験は時間との勝負です。限られた時間でしっかりとした英語力をつけるべく、効率的な大学受験英語対策を、この記事も参考にしながら行ってください!

応援しています。

 

-大学受験

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.